dance_header_1

ストリート・ヒップホップ・ダンスがなかなか上手くならない悩みを持つ人に人気の上達法とは!?

中学校でのダンスの授業が取り入れられるなど一般的化したダンス。

踊った動画を気軽にYouTubeにアップロードして世界に発信することも可能な時代になり「踊る楽しみを知って以来夢中になって、生きがいになった!」と充実感を持つ方が増えています。

しかし、反面、レッスンに通ったり独学で一生懸命練習するもなかなか上達しなくて悩んでいる方も実際多いのも事実です。今回は、そのような踊ることが最大の楽しみだけれど、なかなか技術が向上しなくて悔しい。。。もっと上手くなりたい…と感じている方がどうやって克服して、乗り越えているのかをテーマにしたいと思います。

streetdance_1

現在、ダンスの代表的なジャンルとして以下のものが挙げれます。

・ストリートダンス
・ヒップホップ
・ブレイクダンス
・WAACK
・LOCKDANCE
・POPIN
・JAZZダンス

ダンスをやっている人だったら、きっとこの中に自分の専門としているジャンル、好きなジャンルがあるでしょう。

特にダンス、ラップ、MC、DJカルチャーが融合したカルチャーであるヒップホップは今一番ホットなジャンルですので好きな方も多いと思います。

どのジャンルも特徴的で魅力的ですが、完璧に踊る為には不得意な部分をなくす前やや細かな技術力を上げるには基礎が重要であり、ダンスをする上で根本的で基本的なコツを掴まない限りはどのジャンルでも上手くならないと一般的に言われています。

※若者の間でも夢の職業、憧れの職業として上位にランクインしている”プロダンサー”ですが、職業としてプロを志す場合、当然特定のジャンルだけでなく、様々なジャンル、シチュエーションに対応した能力が求められます。

 (ストリート・ヒップホップ)ダンスを上達させる為のコツ&ポイント。

運動音痴の方やダンス素人の方が上手くなる為のキーワードとポイントを羅列すると以下のようになります。

・踊るための姿勢 – 体幹の使いこなし
・手の重要性 – すべてのダンスのジャンルでもっとも重要な要素
・歩き方の重要性 – 腕でステップを踏む感覚を掴む
・胸のアイソレーション(アイソレ) – 【胸を回す】【腰を回す】【足を回す】
・ステップ時の体の使い方 – 腕の使い方、肘の使い方
・正しいリズムのとり方 – 手を叩く事の裏に隠れた本当のメッセージを知る
・重心のとり方 – ダンスにおいて非常に大事な体の重心取り
・アップとダウン – 腰を痛めないアップとダウンの動き
・体重移動 – 躍動感のあるノリを手に入れる
・ビート(音楽) – シャッフルビートの重要性
・手足の関係の理解 – 体の連動を意識すべき理由を理解
・ウォーキングダイエット – ダイエットの理論を元にした体幹トレーニング
・肩と腰の使いかた – 腰とクビレを意識した練習
・指先一つを変えることの重要性 – 全てのダンスジャンルの踊り方を変える力
・タッチウェーブ – 指でカラダを動かすコツ
・首のリズムのとり方 – 首を横に動かす練習
・グルーブ – 正体の把握と黒い踊りとの関連性
・クラブステップ – 定番ダンスステップのコツ
・ポップコーン – 定番ダンスステップのコツ
・ランニングマン – 定番ダンスステップのコツ
・素早い立ち方 – 踊る範囲は大幅に広げる練習
・ジャンプ力を上げる – 通称:丹田ジャンプのコツ
・手を使ってカラダを動かす – WAVE的な大事なノリのコツ
・呼吸法 – STOPする為の呼吸。16ビートの呼吸。
・ジョーダン – アクロバティック系代表技のコツ
・足の裏の使い方 – 土台を強化するコツ
・ボディーウェーブ – 下から上に向かっていくbodywave攻略コツ
・POPING(ポップ)の体の使い方 – 絶妙なバランスを取るコツ
・ナンバ歩き/フレズノ – ダンスの動きを早くできるコツ
・ブレイキン – 根本的なブレイクの立ち方姿勢を保つコツ
・トップロック – 内股・腰を落とす・腰を入れる練習
・ツイストステップ –  リズムの持ち方の重要性
・フリーズ – 止まり方、考え方のコツ
・フロアフットワーク – 体の体幹を使った練習
・チェアーやフリーズ、スワイプの着地 – フロアの時の腰の上げ方のコツ
・フットワーク6歩 – クリアーなフットワークの全貌の理解
・スウィーピング – 大事な要素の形の原形の理解
・ソロで踊る時のポイント – 踊りながら間の取り方の理解
・ダンスバトル – 自分の心理・相手の心理・観客の心理についての考案
・コンテストで勝つ方法 – より実践的で勝てる戦略の把握

そこで今日は今売れてるダンスレッスン教材についてご紹介したいと思います。今人気のあるレッスン教材はこの2つです。

【ヒップホップ・ダンス専門教材】

現役プロダンサー・たーきーさん監修>>>「27日間ヒップホップダンス上達プログラム」

【オールジャンル・ストリート系特化】

プロダンサー/ダンスインストラクターKAZUさん監修>>>「KAZUのダンス必修可」

 

とにかくヒップホップ・ダンスが上手くなりたい!という人にオススメの「たーきーさん」監修の大人気教材

hiphopdance_main_1

とにかくヒップホップダンスが好き好きでたまらないけどなかな上達しない。。。

という若い10代〜30代の男女から今支持され結果を残してきている教材が現役プロダンサー・たーきーさん監修「27日間ヒップホップダンス上達プログラム」です。

教室に通う為の金銭的な問題や、練習の効率化など一切の無駄を省いた内容となっているのが支持されている一番の理由で「45日以上実践してダンスが全く上達しなければ代金全額返金保証」の配慮もなされている為失敗しない教材としても人気を集めています。

とりあえず購入し実践してみて上達しないようであれば、自分には合わないと判断し購入をキャンセルすることもできます。

・リズム感がなくて、なかなか上達しない。

・とにかく運動が苦手!だけどヒップホップダンスが上手くなりたい。

・自分のペースでヒップホップダンスを習いたい!

・将来ヒップホップダンスを仕事にしたい!

という方は一度試してみてはいかがでしょうか?

hiphop_movie_1

>>>実践者の体験談・感想はこちら

>>>公式サイト

学校の先生/教師、指導者にも今大人気のKAZUさん監修のオールジャンルレッスンDVD

一方、ストリートダンス全般の上達、自宅や外で一人でもより実践的な練習をしたい方だけでなく、指導者としての立場にある学校の先生にも人気を誇っている教材がプロダンスインストラクターKAZUさん監修のレッスンDVDです。

たーきーさん監修の教材も含め、動画教材のメリットは何と言ってもスクールに通う手間や時間、費用を気にしなくても自宅で好きな時に何度でも見返し習得ができる点にあります。

特に動きのあるダンスを学ぶ上で、苦手な部分を何度もリピートし体の動きをチェクできるメリットは計り知れないものがあります。これはスクール・教室に通って学ぶ点との大きな違いであり、動画で学ぶ優位な点といってもいいでしょう。

また、こちらのKAZUさん監修のこのDVDは既にダンスレッスン、スクール(教室)に通っている方も併用して活用している人が多い点も特徴で仲間やライバルが知らない間に更なるレベルアップに成功している方が多くいます。

上記でも説明しましたように学校の先生等指導者としての立場(ダンス未経験からの指導)にいる方からにも大きな支持を得ており、アフターフォロー、アフターケアが抜群と評価も高く人気の理由の一つになっています。

>>公式サイトはこちら

kazu_renshu_1

shosai

監修者プロダンサー/ダンスインストラクターKAZU氏のプロフィールご紹介

kazu_profile_2
中学生の頃ダンス甲子園の影響を受けダンスをはじめる
18歳でダンスインストラクターを始める
20歳の時に結成したDANCETEAM”BRONX”を結成

100を超えるタイトルを手中に収める
BRONXNIGHTを開催
大阪 名古屋 東京と開催の中
東京大会はクラブヘブン動因記録の1800人の観客を集める

ダンススタイルファーストDVDレクチャー
他にもアディダスCMなどに出演。

kazu_profile_1
BRONX解散後 TEAMOHHにて
ドイツで開催されたブレイクダンス世界大会(BOTY)2位の好成績を収め
単身何度も渡米 武者修行の末 アメリカの大会でも優勝を納める

20代後半になりダンスの後進の指導に力を入れるべく
2006年ダンスイベントグダグダナイトを開始
主催 司会 ダンス すべての事をこなすスタイルが話題に

2008年
ダンスイベント 司会 インストラクター 審査員等の傍ら
ダンススタイルにて1年間 カズの物申すコラムを執筆 

2009年
グダグダシリーズとして年間のべ8000人の入場参加者を動因
ラジオ番組パーソナリティーとして1年間司会

2010年
ダンススタジオRUN 
ダンススタジオシホシホ 
ILOVEDANCESTUDIO 
オープン

オフィスILOVEFOOTWORKを設立

2011年
グダグダシリーズからスピンオフ企画が続々と誕生する中
全国展開をするイベント ”バトル甲子園”の誕生
全国と繋がりながらダンス文化と共にダンスファッションをみんなに知って貰うべく
ネットショップ山下財産をOPEN

スタジオRUN発表会 RUNNINGRUN開催

2012年
スーパーダンサー養成講師として
日本人の体の本来持つ特性を活かし
姿勢の矯正 歩き方の改善 等をダンスを通じて
教える事の出来る
全国でもほかには誰もいないダンス講師として
全国でも引っ張り凧になっている。

・主な戦績

海外
アメリカ WHOISWILD 優勝
ドイツBOTY 2位
アメリカ roundforround 3位
アメリカ BBOYサミット ベスト4
アメリカ フットワークコンテスト 3位
アメリカ エボリューション  ベスト4
韓国BBOYUNIT ベスト 8 (2度) 
韓国BBOYUNIT ジャッジ 

ウズベキスタンと日本をつなぐ友好大使

大阪ダンスディライト14 優勝
東京ダンスディライト1 優勝
BESTOFBEST  総合優勝
テレビ番組 RAVE2001  優勝 総合2位
BBOYPARK 2ON2バトル 2回優勝
三度の飯よりブレイキン    優勝
TURESCHOOL    優勝回数7回
B商            7部門制覇
フリースタイルセッション日本 優勝
BOTYJAPAN     日本代表
最強タッグ 優勝 10回以上
グダグダナイト  優勝 15回
京都ストリートコンテスト 総合優勝
ダンスでやんす      優勝
京都ナンバー1      優勝
京都ナンバー1 グランドチャンピオン 総合優勝
オールドスクールナイト 優勝
名古屋舞踏会      優勝
バトル甲子園大阪代表  6度優勝
グダグダサンデー    優勝
グダグダ週末ナイト   優勝