【尿路結石対策】犬猫(ペット)ウォーターサーバーはアクアクララ【RO水軟水温水冷水対応】

ペット

犬や猫などペットは尿路結石が心配。ウォーターサーバーはペットも大丈夫?

inuneko

犬や猫、ペットの水で悩んでいませんか? 「は水道水で大丈夫」と言われても、硬度の問題や、放射性物質、残留塩素など、不安は絶えません。 何より、水道水の安全性が不安でウォーターサーバーの宅配水を家族で飲んでいるのに、犬・猫だけ水道水を飲み、「ペットは家族じゃないの?」と罪悪感を感じる方もいらっしゃると思います。 ペットにも、家族と同じように安全な水を飲ませてあげたいという方のために、水の選び方で注意して欲しい点が2つあります。 それは、

  1. 硬度は軟水の水を選ぶ
  2. ミネラルの含有量の低い水を選ぶ

の二つです。 また、この二点は、ペットの尿路結石症という病気と関係性があります。

犬や猫(ペット)の尿路結石症とは

ペットの尿路結石とは、腎臓や尿管、膀胱、尿道などの泌尿器に関わる病気で、これらの尿路のどこかに石状のかたまりが出来てしまう病気を指します。 原因としては、

  • 細菌感染による膀胱の炎症
  • 水分摂取量が不足している
  • 排尿を我慢し過ぎている
  • ホルモンや代謝の乱れ
  • リン酸・マグネシウム・カルシウムなどの過剰摂取

などが見られます。 後述になりますが、「マグネシウム・カルシウム・リン酸などの過剰摂取」は、現在硬度の高い水をペットに飲ませている場合には特に注意が必要です。

症状

犬や猫の「尿路結石」の症例としては、以下のような症状が見られます。

  • 尿量が減り、尿の頻度が上がる
  • 尿をしながら、鳴く事がある
  • 赤っぽい・ピンク色っぽい尿(血尿)がでる
  • 尿を触るとざらざらしていて、光にさらすとキラキラしている(血漿が含まれているため)
  • お腹がパンパンになる
  • 抱きかかえようとすると痛みで嫌がる

こうした症状が見られる時は、尿路結石に罹っている危険性があります。

対策と予防

ペットの尿路結石の症状の原因の大半は、「ストルバイト結石」と呼ばれる結石で、体内がアルカリ性に傾いている時に出来やすい結石です。 ペットが飲む水は、人間にとっては好ましいとされる強アルカリ性(pH値9など)の水ではなく、弱アルカリ性、もしくは中性の水(pH値7)の水を飲ませてあげる事が望ましいです。 また、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが体内に残留して結石が生成されてしまうパターンが多いと言われています。 尿路結石の予防策としては、

  • 普段から多めに水を飲むようにする
  • 普段から適度な運動を行うようにする

などが挙げられます。 水を多めに飲んで、体内の不純物をしっかりと排泄させる・循環させるといった基本的な考え方は、人間と同じです。 また、前述のような症状が見られた際には、すぐに動物病院で診断を受けるようにする事が大切です。

ペットの水の選び方

尿路結石は、ペット自体の遺伝や種類によっても異なりますが、体内に蓄積されるミネラル(マグネシウム・カルシウム・リン酸)によって体内に生成されてしまうケースがあります。 従って、ペットの水はマグネシウム・カルシウム・リン酸を含まない硬度の低い水を選ぶ事をおすすめします。

硬度の低い水

水選びで注意して頂きたい点が一つありますが、「ミネラルウォーターなら何でも良い」というわけではありません。 ミネラルウォーターとは単純に天然水を指す訳ではなく、正しくは、「ナチュラルミネラルウォーター=天然水」であり、ナチュラルミネラルウォーター(天然水)に人工的にミネラル分を添加した物が「ミネラルウォーター」と呼ばれています。 また、水の硬度は、マグネシウムとカルシウムの含有量によって決まりますから、硬度の低い水を選ぶようにしましょう。 硬度の求め方=(カルシウム量[mg/l]×2.5)+(マグネシウム量[mg/l]×4) リン酸は、ウォーターサーバーの水宅配で利用されている水には含まれていないので心配ありません。

純水は溜め置き・長期保存しない

ウォーターサーバーで利用されている水は、水道水で使用されている殺菌方法と異なり、残留塩素が使用されていません。 ウォーターサーバーの水宅配で利用されているRO水・天然水の「残留塩素によって守られていない水」は、純水に非常に近い水ですので、空気中に曝されると、細菌が繁殖しやすい状態になっています。 したがって、長期旅行や出張などで家から離れる際にも、「水の汲み置き」はしないよう注意しておきましょう。 ペットを置いて家を長期で離れなければならない際には、可能であれば、やはり親戚や近所の方に一時的に世話を見てもらうのがベストでしょう。

おすすめはミネラル無添加のRO水

ペットも家族の一員として、みんなで同じ水を飲みたいという方には、硬度が低く、ミネラル分も一切含まないRO水がおすすめです。 RO水は、逆浸透膜と呼ばれる特殊なフィルターを用いて、水分に含まれる不純物を99%以上取り除く事ができます。 不純物を全て取り除く事が出来る変わりに、バナジウムや亜鉛などといった有益なミネラル分も全て除去されるので、ペットにとっては好都合ですがミネラルが含まれていないという点は注意が必要です。 RO水ならどれでも良いという訳でもありません。 アクアクララ」や「フレシャスのRO水は、逆浸透膜で不純物を除去した後に人工的にミネラルを添加していますので、多少のマグネシウムやカルシウム、その他ミネラルも水分中に含まれています。 硬度を限りなく0に近づけたRO水を探しているのであればアルピナウォーターを利用するようにしましょう。

軟水で、温水、冷水が出せるペット向きウォーターサーバーご紹介(体験談)

個人的な話ではりますが、当方家で犬と猫を飼っており、ある日愛犬が尿路結石症」の疑いと診断されたした事をきっかけにより獣医の「軟水で尚且つミネラル分が極力少ない水」というススメを元に本気でそれに見合う水(ウォーターサーバー)を探し始めました。
「愛犬の寿命を縮めたくない、毎日健康に生きてもらいたい!」
という一心で色々と探してみたところ、それに見合う水がアクアクララ、アルピナ、フレシャスの3つである事が分かりました。
最終的には硬度とミネラル含有率、ペットの事をどれだけ考えられている商品なのかを総合的に比較判断しアクアクララを導入することになりました。

アクアクララ設置後の愛犬の反応

設置後、愛犬だけでなく愛猫の飲みっぷりも良くなり凄く嬉しかった記憶があります。
驚くべきことは、アクアクララを1ヶ月導入後、動物病院に再び愛犬を連れて行った所、獣医から「もしかして、水変えましたか?ワンちゃん見違えるほど良くなっていますよ。」
と診断されたことです。もし、同じように愛犬、愛猫の尿路結石症」でお悩みの方は飲料水を変えてみてはいかがでしょうか?
上で挙げた3つのウォーターサーバーの詳細は以下になります。
  • アクアクララ
    アクアクララがおすすの理由

    ペット向けの「わん&にゃん特典」が用意されています。ペットを飼っている人にとってはありがたい特権です。aquakurara
    ミネラルウォーターはRO膜でろ過しており、硬度も2番目に低く抑えられた、飲みやすい軟水です。硬度的には2位のアルピナの方が低いのですが、ペット向けの特典も用意している点は本当に素晴らしいと思います。大切なペットを飼っている方にとっては手放せなくなるウォーターサーバーになると思います。

    sohusai

  • アルピナ(Alpina)

    alpina

    硬度を極限まで低くしてあるため、安心してペットに飲ませることが出来ます。
    硬度が大変低いためペットに飲ませる水としても非常におすすめです。
    アクアクララの「わん&にゃん特典」が不要なら、こちらをおススメします。

    sohusai

  • Frecious(フレシャス)

    siphon

    ミネラルの含有量が3番目に少なく、ペットに飲ませても問題がないと判断できるのがフレシャスです。※バナジウムも含んでいる「富士」ではなく、「木曽」を選択すれば、ペットにも何の不安もなく飲ませられるレベルのミネラル含有量です。

    sohusai

  • ページの先頭へ