世界の偉人が残した親孝行の「ことわざ」ご紹介

孝行のしたい時分に親はなし。

日本/柄井川柳/「誹風柳多留」より
親孝行の切実さを謳った日本の諺の中でも比較的よく耳にするのがこの手の言葉。もともとは社会を洒脱に皮肉る風潮が高まった化政時代に、柄井川柳らが編纂した「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」の中の一句です。日本の諺で他に有名なものは、「石に布団は着せられず」「親の掛替えはない」などがあります。

子供の恩知らずは、まむしの鋭い歯より悪い。

イギリス/シェークスピア/「リア王」より
親に対するおざなりな関係は、時に悲劇にまで発展してしまうことも。この諺は、「リア王」の中で、長女と次女に国を譲ったにも関わらず、2人に荒野に追いやられてしまった王が悲嘆に暮れながら放った言葉。人間のさまざまな苦悩を題材としてきたシェークスピアですが、親と子の関係も恰好のテーマだったのでしょう。

孝は百行の本なり。

中国/孔子/「孝経」より
儒教ではもともと親や先祖を敬うことが道徳観念とされています。この諺は、孔子の言動をまとめた書のひとつ「孝経」の中で記されている言葉。親孝行はすべての善行の基本であるという意味です。他にも「子養わんと欲すれども親待たず(韓詩外伝)」や「子を養いて父の慈を知る(伝習録)」など、宗教観も相まって、中国もまた親孝行の諺の多い国です。

両親の愛は下るばかりで上ってこない。

フランス/エルヴェシウス/「人間論」より
18世紀フランスの哲学者、啓蒙思想家エルヴェシウスが「人間論」の中で残した言葉。父母の子への愛は、子の父母への愛をしのぐという意味の諺です。日本語にも「親の心、子知らず」という諺があります。医者の家系に生まれ、大富豪だった当の本人は、両親からの愛を返上することはできていたのか?気になるところです。

 

君が君の両親を取り扱うように、やがて君の子供は君を取り扱う。

ギリシャ/タレス
この言葉を残したとされるタレスは、ソクラテス以前に生存し、「最初の哲学者」ともいわれるほどの賢人で、自らの影の長さと身長を比較してピラミッドの長さを計測したエピソードも有名。親と子の関係を言い当てた諺が紀元前から残っているとなると、親孝行とは永遠の課題なのかもしれません。

今すぐにできる親孝行は?

『親孝行はまた今度の機会でいいや』という気分でいると、そのチャンスを失ってしまう可能性もあります。縁起でもないことはあまりいいたくはありませんが、両親が高齢であればあるほど親孝行をする機会というのも残り少なくなっていることを常に意識しておくことが大切です。ここでは今すぐにできる親孝行をいくつか取り上げてみたいと思います。

一緒に美味しい食事を楽しむ

両親を外に連れ出して親孝行をしたいのであれば、やはり食事を楽しむのは定番ともいえます。両親の好みや今、何を食べたいかをリサーチして目的に合ったお店に招待してあげましょう。また両親との会話をゆっくりと楽しみたいのであれば、お店の雰囲気選びも大切です。

落ち着いた雰囲気で食事、会話を楽しむことができる個室があればベストですね。現在では親孝行におすすめのレストランや飲食店を気軽にインターネットで検索できるため、さまざまな方法を駆使して両親にぴったりのお店を探してあげましょう。

料理を作ってあげる

外食も素敵な親孝行ですが、やはり周囲の目を気にするあまり気恥しいという方もいます。そのような方は家で料理を作ってあげるのがおすすめです。メニューに関しては自分で調べて作った自信の一品でもいいですが、可能であれば両親の好みに合わせた手料理がいいですね。

また自分が小さかったころに母がよく作ってくれた思い出の一品を振る舞ってみるのも、意外と重要なポイント。『母さん、昔よくこれ作ってくれてたよな』という会話から懐かしい思い出に話を広げることもできます。『母さんのほうがまだ上手だわ』といわれたら、黙って頷いておきましょう。心の中では嬉しいけど子どもには弱気なところを見せたくないという両親もいます。

一緒にお酒を飲む

自分の子どもと一緒にお酒を飲むことを楽しみにしている親は多いのではないでしょうか。お酒を一緒に楽しむことができる年齢になるまでは長期的な時間がかかるため、その重みもやはり感じることができます。また一般的な食事と異なり、お酒で楽しい時間を過ごすというのは子どもから大人へと無事に成長することができましたという証にもなります。

子どもの成長のことを第一に考えてきた両親であればなおさらのことであり、決して口に出してはいいませんが『小さかったあの子がこんなに大きくなって』と心の中でしみじみと感じることでしょう。両親や自分の体の健康も考慮してほどほどの量で抑えておけば最高の親孝行にもなります。

親が行きたいと思っているスポットへ連れていく

両親の長年の夢だったスポットへ連れていってあげることも定番の親孝行ではないでしょうか。温泉好きのお父さんのためにちょっとリッチな温泉旅館へ1泊2日の旅行、花が大好きなお母さんには花の名所と呼ばれるスポットへ招待してあげるなど両親が心から喜べる場所を選択してみましょう。

両親と一緒に出掛けているシーンを周囲に見られるのはちょっと恥ずかしいという気持ちがある方は、自分が住んでいる地域より少し離れたスポットを選択するのがおすすめです。数は非常に少ないですが、スポットによっては『親孝行プラン』で割引が適用されることもあるため、そのような場所も探してみてはいかがでしょうか。年齢を重ねて外出する機会が減った両親にとっては夢のような1日を過ごせること間違いなしです。

両親の趣味にとことん付き合う

休日に両親が好きな趣味にとことん付き合ってあげるのも立派な親孝行の一つです。趣味で親孝行をするというのは元SMAPの中居正広さんも取り入れていた方法であり、お父さんの趣味でもあったゴルフに付き合ってあげようかなという気持ちからゴルフを始めたといいます。

自分の趣味と両親の趣味が同じであれば、会話も充実したものになりますし最高の1日を過ごすことが可能です。また、自分が知らない分野であればとことん教えてもらいましょう。親というのはいくつになっても子どもに良いところを見せたいものであり、わからないことを教えてあげたいという気持ちが強いものです。

プレゼントを贈る

感謝の気持ちを表現するにはやはり贈り物が一番ですね。両親の誕生日や結婚記念日に合わせて贈るようにすれば、特別感も演出することができます。現在は旅行、グルメ、フラワーなど幅広いギフトアイテムがありますから両親の好みにも合わせることが可能です。

贈り物はそれほど高価なものを選ぶ必要もないため、自身のお財布と相談しながらムリのない範囲で親孝行をしてみましょう。大切なのは値段ではなく、両親に対する感謝の気持ちをしっかりと伝えることです。

両親と一緒に買い物をする

買い物といっても普段行かないようなスポットへ招待する必要はありません。普段、両親が食材の買い出しや日用品の購入をしている店舗に一緒に行くだけでも親孝行になります。特に両親が高齢者の場合は日々の買い出しも大変な作業の一つであり、お米などの重たい物を購入した時には重労働です。

自分が一緒に買い物に行ける日にまとめ買いをしておき、できるだけ重たい物を持たせないという行動も体力的に衰えてきた両親にとっては嬉しいものです。特別感はありませんが日常の生活の中でできる親孝行の一つともいえます。

健康グッズを購入してあげる

自分が小さかった時は強そうに見えたお父さん、お母さんも年齢による衰えには残念ながら勝つことは不可能です。子どもの前では決して弱音を吐くことはしませんが、年齢を重ねれば誰もが健康状態を気にするのは当たり前のことです。

そのため『いつも父さん、母さんの体を心配しているよ』という気持ちを込めて健康食品、サプリメント、安眠グッズなどを贈れば両親も喜びます。またすでに健康状態に多少の不安があり、定期的に病院に通っている場合には一緒に診察、検査に付き合ってあげるのも立派な親孝行の一つとなるでしょう。

お金がなくても親孝行はできる!

親孝行をしたいという気持ちはあるけど現在、経済的な面で大きな贈り物や外出ができない方ももちろんいますよね。そのような方は『親孝行したいけどお金もないしどうしようかな・・・』という気持ちにもなるでしょう。しかし、お金がなくても親孝行というのはできます。ここでは、お金がかからない親孝行の方法を紹介したいと思います。

手紙を書く

感謝の気持ちを書いた手紙を両親に渡すだけでも立派な親孝行になるでしょう。子どものことを考えた親であれば、子からの便りをもらって嬉しくないはずがありません。実家を離れてあまり連絡が取れていない、会話が少なくなっている親子にとってはたった1通の手紙だけでも新鮮な気分になります。

手紙の内容ですがあまり難しく考えて執筆する必要はありません。『元気でやっています、お父さんとお母さんも体に気をつけて毎日を過ごしてください』という言葉だけでも十分に心に響きます。

近年はメールやLINEで気軽に連絡ができるため、手紙というと古臭いイメージがありますが手書きの手紙というのは下手な字でも感情や気持ちが伝わってきます。日々の連絡とは異なる特別感を出したい場合には手紙を書くようにしましょう。

電話・メールをする

手紙を書くと似たようなものですが、子どもからこまめに連絡がくるのが一番の親孝行という親御さんもいます。『体は大きくなっても私たち親から見れば、まだまだ子ども』という気持ちを持つ親も決して少なくありません。

親心からくる心配という気持ちも強いため、電話やメールで『元気に毎日を過ごしているよ!』と定期的に連絡をしてあげましょう。子どもが元気に過ごしていれば、それだけで両親も安心した気持ちになります。そして、いつも心配してくれる両親のために経済的に余裕ができたら、プレゼントの一つや二つでも贈ってあげましょう。

一緒に過ごす時間を作る

実家を離れると両親の顔を見る時間というのは当然のことながら極端に減るため、たまに一緒に過ごす時間を作るだけでも非日常的な1日を過ごすことができます。子どもが独り立ちをすると冗談めかして『これからはお前のことを気にしなくていいから楽しい毎日を過ごせそうだ』という親もいますが、心の中では寂しいという感情も持っています。

特に子どもがわんぱくでいつも大騒ぎをしていた家庭になると世界が変わったようにシーンと家が静まり返り、余計に『何か寂しいな』という感情を抱きやすいです。この状況になると気力も落ちてくるため、時間がある時は一緒に過ごす時間を作ってあげましょう。

何か特別なことをする必要はなくても『この家で子どもと一緒に過ごせている』という嬉しさと懐かしさの気持ちが両親の心の中に広がります。また、帰る際に『今度は正月に来るから』と次回に訪れる日を伝えておけば、両親もその日を目標にして日々の生活を楽しく過ごすことができます。

写真を撮る

子どもの時に親子揃って撮った写真はたくさんあるという家庭は多いですが、子どもが実家を離れてからの写真は極端に少なくなる傾向にあります。これは写真を撮る時間が減ったり、両親とどこかへ行くという機会が少なくなったことが影響していますが、可能であれば両親と会った時には写真を撮っておきましょう。

旅行や観光などどこか特別なスポットで写真を撮る必要はありません。実家で料理を作る母の姿、新聞を見る父の姿など日常的なシーンを収めるだけで十分です。自分がすでに結婚しており、子どもがいる場合は孫と遊ぶ両親のシーンを撮っておくのもいいでしょう。

また家族全員が揃った写真も撮っておけば、それだけで思い出にすることもできます。昔の時の写真はあるけど、最近の写真がないとそこで家族の歴史が止まってしまったようにも見えるため、後で悔いが残らないようにこの点も意識しておくことが大切です。『やっぱり老けたな~』『やかましい』という思い出話をする際にも写真というのは役に立ちます。

親孝行のために結婚を急ぐのはどう思う?

自分が親孝行をしたなと思う瞬間は就職が決まった、実家を離れて独り立ちできたなどさまざまですがその中の一つに『結婚』というのがあります。結婚というのは親、子から見ても『最大の親孝行だ!』と考える方もいますが、1点注意しておきたいのは親孝行のために結婚を急がないことです。

『親を喜ばせたいから早く結婚しなきゃ!』と焦ってお相手探しをすると、相手の性格や本質を見抜く判断力が鈍り何も考えないまま結婚をしてしまうという可能性もあります。その結果としてお付き合いをしていた頃には見えなかった相手の悪いところや、自分と合わないような生活スタイルが顕著に現れることもあるのです。

このような状況を招かないように『この人は自分にとっては自慢できる人間です!』とハッキリと両親に伝えることができるようなお相手を時間をかけてゆっくりと探すことが大切です。両親も結婚すれば誰でもいいという気持ちではなく、しっかりとした人と結婚してほしいと願うのは当たり前のことです。

親孝行のために結婚をするのではなく、自信を持って素晴らしい人といえる人間だから結婚したというスタイルを崩さないようにしましょう。それが結果的に最高の親孝行にもなります。

背伸びをせずに自分のできる範囲で親孝行をすることが大切

親孝行というのは家庭のスタイルや環境により変わってきますが、基本的には日々の感謝の気持ちが両親にしっかりと伝われば十分です。

兄弟、姉妹が旅行や観光といったお金がかかる親孝行をした場合などは『自分は今、経済的に余裕がないしな・・・』という気持ちにもなりますが、このような時は焦らずに自分が今できることを精一杯、両親にしてあげましょう。

そして、少し余裕ができた時にプレゼントを贈ってあげればいいのです。周りのレベルに無理に合わせて今月は生活が厳しくなってしまったなどの行為は親孝行とはいえずに親不孝でもあります。

背伸びをせずに自分ができる範囲の親孝行を意識して、両親に感謝の気持ちを伝えてあげてください。