car_headeder_1

賢いクルマ(中古車・事故車/不動車)の売り買い術、維持方法をご紹介。

元中古車ディーラー会社勤務のM山が記事を担当させて頂きます。

今回のテーマは時間をかけずに効率的に車を売る方法や希望の中古車の探し方、自分に一番合った自動車保険選びです。

少しでもお役に立てればと思います。

中古車ディーラー下取り、査定買取専門外車どっちがお得??

car_image

まずいきなりですが、新しく買う車の購入店舗や中古ディーラーでの下取りは絶対にやめましょう!
何故ディーラーで下取りに出してはいけないのか?ズバリ足元を見られるからです。

数年前まで、ディーラー業界に身をおいていた私ならではの正直な意見です。
ディーラーに下取りに出す多くの方は新しい車の購入が決まってる、もしくは買い替えるモデルがある程度決まっている方です。

購入意思がある程度固まると以前の車は必然的に不要になります。しかし、多少安くてもディーラーが提示する金額に9割以上の方が納得してしまう傾向にあります。

その理由に「ディーラーからの購入予定の車の値引きの提示」というものがあります。

当社で下取りもして頂けるなら購入予定の車の価格を更に値引きします。といった内容でアプローチし、それはお得だ!!と思わせるのです。

これはディーラーならではの誘導心理作戦です。

お客様の心理として、下取り価格よりもどれだけ次買う車の値段を安くしてもらえるか?という所に目が行きがちになります。

ここにカラクリがあります。

専門の買取査定会社とディーラーの下取りと比べたら50万円以上も違うケースは珍しくありません。

また査定会社間によっては5万円、10万円違うのは当たり前の時代です。

お客様はどれだけディーラーでの値引きしてもらえるか?ということばかりに気を取られて肝心の下取り価格を気にしなくなっていってしまいディーラーの値引きの誘惑に負けてしまうのです。

たとえ15万円値引きしてもらったとしても、下取り価格が専門査定会社よりも20万、30万も違ったら結果的には損になります。

自身が知らないだけでディーラー下取り価格よりももっと高い値段で車を買取ってくれる業者が日本には沢山あります。

これは絶対に損です。

少しでも高く売り、次の車をお得に買いたいのであればディーラー下取りではなく、専門の査定会社(できれば多くの査定会社間で買取相場額を一括で調べられるサービス)を利用すべきたと経験上常に考えています。

実際、私自身もディーラー会社を退社後、何度か車を買い替えしましたが、当然ながら次に購入予定の車のディーラーでの下取りはお断りし自身で買取会社を決め、一番買取額が高い業者さんに買取をして頂きました。

現在大手8社間で比較できるサービスはいくつか存在しますが、10社間で買取額比較ができるサービスは殆どなく貴重です。当然ながら比較できる業者が多ければ多いほど高値で買い取ってくれるチャンスが多くなります。

是非お役立てください。

⇛⇛⇛無料車買取査定一括10社調べ

同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。もちろん、査定に出したからと言って必ず売る必要もありません。売ったら、いくらくらいになるのか?気軽に最新相場を知るツールとしても優秀です。

廃車予定、事故車、不動車の場合でも諦めてはいけません!

廃車、事故車、不動車の処分に困っている方、無料引取り、もしくは買取してくれる業者があるのがご存知ですか?jiko_sha
通常は、廃車にするにも費用がかかりますが、事故車&廃車であっても専門業者に依頼すると無料で引取ってくれたり、買い取ってもらえたりします。事故車であっても諦めず、まず査定依頼をされることをおすすめします。

⇛⇛⇛事故車買取サービス(動かない車は不可)

⇛⇛⇛廃車/不動車買取サービス(動かない車でも可)

尚、廃車にする歳の必要書類は以下のものが必要になります。

・所有者の実印
・所有者の印鑑証明書
・自動車検査証(車検証)
・ナンバープレート
・委任状
・住民票
・申請書および手数料納付書

<軽自動の場合>
・所有者の実印
・自動車検査証(車検証)
・ナンバープレート
・軽自動車税申告書

面倒くさい自動車保険選び。自分に合ったお得な保険探し方法は?

車の査定同様に自動車保険もどの業者さんを選べばよいのか分からない方も多いかと思います。

ディーラーで加入手続きを行うのも決して悪くはありませんが、維持費、保険料を少しでも安くしたいという方にとっては

人気の大手も安心ですが、人によっては(条件等)中小の保険の方が意外にもお得なケースもあります。

査定買取と同様に各社の保険料、補償内容などを簡単に比べて選ぶことができるサービスが存在します。。複数社一括比較をすることにより5万円以上安くなるケースも少なくありません。

⇛⇛⇛自動車保険会社一括比較はこちらから

欲しい中古車(モデル・色・年式スペク)を見つけやすくする方法

一般的に目当ての狙っている中古車をネットで 「モデル名 中古車」などで検索する方が多いかと思います。

しかし、検索で出てきたサイトにたどり着いたとしても果たして自分の目当てのスペックや仕様やカラーだったでしょうか?

モデルは合っていたとしても自分の目当ての色ではなかったり状態ではなかった経験もあるはずかと思います。

では、なぜネット検索では自分の目当ての中古車が見つかりずらいのでしょうか?

実は中古車業界にはネットにも掲載されない非公開中古車というものが存在します。

「なぜネットに掲載しないの?」

と思う方もいるかもしれませんがそれには明確な理由が存在します。

「掲載すると広告費や人件費がかなりかかるからです。」

また掲載までに時間がかかるということも言えます。出回った時点でスグに誰か(非公開情報を知っている人)に買われてしまうケースが大変多いのです。

本当は日本のどこかで自分が探していたドンピシャの中古車があるのにその情報をスグに知ることができない。これって本当にもったいないことです。

現在、非公開の中古車は日本に常に60万台もあると言われ、その非公開情報を知ることにより自分の欲しい車が迅速により確実に見つかる可能性を高めることができます。

ことごとくネットに出回っている在庫情報は古くて既に在庫がなかったり、状態ば悪いものばかり。

「人気のモデル・型番・色の車は人件費や広告費をかけてネットに掲載しなくても自然と売れるので非公開情報として扱う。」というのが中古車ディーラーとしての本音です。

非公開中古車情報からの問い合わせて成約までに至るケースの方が断然に多い印象があります。

そのようなメリットが沢山ある非公開情報ですが実は無料で知ることがを受けることができます。

⇛⇛⇛最新中古車非公開情報チェックはこちら