violin-header_1

昨今贅沢な大人の習い事として大人にも人気のバイオリン。初心者が弾けるようになる練習法とは!?

vaiolin_women_1

一昔前までは敷居の高い習い事であったバイオリンも昨今では気軽に習うことができるような時代になりました。

特に「若い頃頃習いたくても習えなかったものだからこそ今から始めたい」と思いヴァイオリンを始めるシニア層、中高年の方々が年々多くなってきています。

40歳、50歳、60歳を過ぎてからもバイオリンを始め、弾けるようになっている人も急増していることもあり楽器屋さんやメディアで

「大人からのバイオリン」

なんていうフレーズもよく聞くようになりました。

どうしてそんな初心者の状態からバイオリンを始める人が増えてきているのでしょうか?それは初心者が挫折しにくく分かりやすい練習法を教えてくれる教本や指導法の発達によるものだと業界では言われています。

しかしこれから始めようと思っても一体何から始めればよいのか悩んでいる人も多いはずです。

実際、以下ののようなを不安や悩みを抱えている人は多いです。

nayameru_woman_1

・何より楽譜が読めないのに弾けるか不安。

・バイオリン教室には通ってみたいけど遠くて難しい。

・バイオリン教室の月謝が払えるか不安。

・教室に通う時間と余裕がない。そもそも近所に教室がない。

・自分のペースでやっていきたい。

・今さら一から習うのはちょっと恥ずかしい。

・楽器なんか今まで演奏したことない自分が弾けるようになるか想像もつかない・・・

ですが、全く楽器演奏の経験のないのにバイオリンが弾けるようになり、発表会で披露したり余興で演奏できるようになっている大人の人も多いのも事実です。

そういった人は一体どのような練習をし上達しているのでょうか?

その共通点は「初心者でもスムーズに上達できる練習法で習った」ということです。

しかし、良い先生や教室に巡り合ったり、よい教本に出会ったりすることは容易なことではありません。

教室に通ったとしても次のレッスンがやってきて、上達せず同じ課題の繰り返しだったり読めない楽譜と格闘して練習時間だけがかさむばかりといったケースもあり途中で挫折してしまう人が多いのが実情です。先生も何人もの生徒さんを担当しているので徹底したマンツーマンで教えてくれる方を探すのも一苦労です。

これは指導法だけでなく習う環境や非効率練習の割合に問題があると言えます。

そこでバイオリン教室に通うことに対して不安を持つ方や、徹底した楽譜の読み方から始める練習に苦手意識がある方におすすめしたいのが動画教材です。

昔ながらの文字と絵、またはCDだけで楽器を学ぶ時代は終わりを告げ、今はプロが監修した動画でじっくり自分のペースでバイオリンを学ぶのが主流となってきています。

確かに教室で直に先生にとコミュニケーションを取り指導を受けることはメリットもありますが、後日先生が言っていた事を忘れてしまったり先生がどのような指使いをしていたか思い出せない等の問題がありそこに悩み挫折してしまう人も少なからずいます。

なんと言っても動画教材の最大のメリットは分からない箇所があった場合何度も繰り返し目で確認できる点にあり、これが上記でも説明した通り、初心者の状態からバイオリンを弾けるようになっている人が増えている大きな要因の一つです。

そのような点からも教室に通うことよりも動画教材を使って習得した方が効率的に良いということが言えます。

特に今、プロヴァイオリニストである池田晴子さん監修の「初心者上達講座〜ヴァイオリンたった30分で弾ける初心者向けヴァイオリンレッスンDVD〜」」は業界の中でもトップクラスの知名度と支持を集めてており、非常におすすめしたい教材です。

特筆すべきは論より証拠ということで、50代60代70代の楽譜の読めない状態の方がバイオリンを弾けるようになっているケースが本当に多いです。

教室に通いたくても通えない方、教本は買ったのはいいものの途中で挫折してしまった方は一度動画教材を検討してみてはいかがでしょうか?

>>>実践者体験談はこちら

池田晴子監修「初心者上達講座〜ヴァイオリンたった30分で弾ける初心者向けレッスンDVD」

動画レッスン教材のバリエーション詳細まとめ

上記でも記載した大人気の池田晴子さん監修のDVDセットですが、既にヴァイオリンを持っていらっしゃる方、そうでない方向けのセット全3種類が用意されています。

①”40代、50代、60代、70代の方からも大きな支持を集める人気教材’‘※DVD教材のみ

basic_set_1

・既にヴァイオリンを持っている方、自身で購入を考えてる方向け>>>>ベーシックセット(教本のみ)

②”コストパフォーマンス抜群”と初心者に評判の「バイオリン本体と教材セット」今売れてます。

 

accoustic_set_1

 

一般的に、“30万円くらいのバイオリン”を使うのが良いとされていますが、多くの初心者の方にとってはよっぽどの拘りなどがない限り難しいのが実情です。

ということもあり、バイオリンレッスン業界では、まず初心者の方は“5万円〜10万円くらいの価格帯のバイオリン”から使い始めた方が良いとされ、実際にそこから始める方が大変多いです。

それが、お手頃価格のヴァイオリン本体だけでなく教材もセットになった池田晴子さん監修教材が支持され売れている大きな理由です。

体験談にもあるように、このセットからバイオリンを始めステップアップしていく方が多いです。

・ヴァイオリンをまだ持っていない方、どれを購入してよいか悩んでいる方向け

>>>>スターターセット(ヴァイオリン本体と必須アクセサリーが一緒になったセットです。)

③”家で楽器の演奏ができない方”に大人気の「電子ヴァイオリン(エレキバイオリン)初心者セット」

electric_set_1

・家の防音上の問題、近隣住民への配慮でうしてもアコースティックのバイオリンを使えない方に大変人気があります。外に音を出さずヘッドフォンで音を聞きながら練習、演奏できますので回りを気にせず好きなだけ演奏できるので上記の問題をお持ちの方におすすめです。

家の音の事情でアコースティックヴァイオリンを使えない方向け

>>>>電子ヴァイオリンセット(ヘッドフォン付き)

”ご購入を検討されている方はご自身のにあったセットを選ばれることをオススメします。”

kousiki

>>>実践者の方のその後&体験談はこちら