ピアノ初心者が課題曲探しで利用したい楽譜無料ダウンロードサイト・サービスまとめ

前回、こちらの記事で今ピアノ初心者に人気のある弾いてみたい楽曲TOP30をご紹介しましたが、今回は無料で楽譜が手に入る便利でお得なサイト、初心者がピアノをどう練習して弾けるようになったのか体験談を交えてご紹介したいと思います。

ピアノを習ってある程度弾けるようになってきたので、「次の練習曲用の譜面を探したい」

「難易度の高い曲はまだ弾けないけど、無料で手に入る楽譜で沢山曲を練習して数をこなしたい」などと思っている初心者のことはきっと多いでしょう。

意外に沢山ある!?ピアノ用楽譜無料サイト

音楽研究所

日本や世界の伝統曲、童謡・唱歌の楽譜を手に入れることができます。 その数なんと1500曲以上!
日本や世界各国の伝統曲、童謡、唱歌、クラシック曲が用意されており、それぞれについて100種類以上の音楽スタイルを指定できるのでお目当ての曲
を探すのも楽ちんです。

musicbrier

ピアニスト、ピアノ講師、アレンジャーとしてご活躍されているmusicbrierさんのブログ&楽譜配布サイトになります。
1曲に対し複数のバリエーションの楽譜があり色々な形で練習したい方に人気があります。

d-score

専門性が高く中級者の方の利用も多いです。もちろん初心者向けの簡単な童謡・唱歌の曲もあり、無料で入手することが可能です。

ピアノの本棚(基本的に有料ですが、断片的に楽譜を見ることができます。)

主に人気のポップスのピアノ楽譜を取り扱っているサイトで基本的に有料で無料ですが断片的に楽譜の内容を垣間見ることができます。どうしてもこの1曲だけ欲しいと思った時に気軽に購入できる便利なサイトです。

 

各サイト特徴、特色も違いそれぞれの魅力がありますので、楽譜を探している方は利用してみてはいかがでしょうか?

ピアノ初心者上達体験談・感想コラム

women_taiken_1

【40代 女性】 ピアノを趣味にしたく初心者から初めてみました。

楽譜の読み方など全く知識がない状態からのスタートでした。全てのきっかけは海野先生のレッスンDVDで、教材が家に届きすぐ練習を始めてみました。

最初は不安だらけでしたが、レッスンはとても楽しくかつ曲練習も丁寧に教えてくれるので時間が経つのが合っと言う間でした!

夢中になり練習し、一ヶ月半程経ちますが今では両手でピアノが弾けるように!!

教材の課題曲もクリアしたので、今はひたすらネットで無料の楽譜をダウンロードして弾ける曲のレパートリーを増やしていっています^^

いつか「エリーゼのために」を弾けるようになるのが夢です!(譜面はもう買ってあります♫)

 

men_taiken_1

【30代 男性】 初心者ですが今では楽譜も読め、思うように指も動くようになりました。

気合を入れて10日程で第1弾を終了させ気づいたら3弾まで終わっていまいた。それくらい夢中になれるレッスンDVDです。

なんといっても楽譜にドレミと指番号が書いてあるのが本当に役立ちました。

実際に鍵盤を弾いてみると、さすが、先のことまでよく考えられた指使いです。ここが自己流に陥らないように工夫されている点ですね。

付属の教本も楽譜の知識がかなり分かりやすく書いてあるので、初めての方でもすんなり理解できると思います。

これから海野先生のレッスンでピアノを始める方にアドバイスですが、指が動かない、楽譜が読めないといった心配はしなくて大丈夫です。あと、モチベーションを高める為に自分の弾いてみたい曲を設定し、それを弾けるようになるいつかの自分の姿を想像しなが練習すると色々と捗ります、笑。おすすめです。

♫海野先生のDVD教材を当サイト限定独自特典で更にお得に♫

【大好評の当サイト限定独自特典】

piano_lp_2018

gentei

おかげさまでご好評いただいております。

当サイト経由から第1弾、 第2弾、 第3弾セットをご購入頂くと公式特典だけでなく、もれなく以下の当サイト独自特典が付き大変お得です。

【時代を越えて愛される名曲の譜面とレッスン音声】

G線上のアリア (バッハ)
なごり雪 (イルカ)
手紙 (アンジェラ・アキ)
の無料楽譜。
講師の海野真理先生が丁寧に解説した無料レッスン音声。
ドレミ付きの楽譜がプラスもう1曲。

※第一弾のみのご購入には

・なごり雪 (イルカ)
・手紙 (アンジェラ・アキ)

こちらの特典は付きませんのでご注意下さい。

第1弾〜3弾セット>>>当サイト独自特典付き購入はこちら

第1弾のみ>>>当サイト独自特典付き購入はこちら

教材と合わせて買いたい自宅練習用USBキーボードご紹介

自宅で鍵盤の練習をする際、昔ながら電子キーボードを使うのもよいですが、以下のようなUSBでパソコンやiPadなどのタブレットなどに繋げて鍵盤が弾ける(※ピアノ音源アプリが必要)キーボードを使うのもおすすめです。

軽く、コンパクトで場所をあまり必要としない為自宅で鍵盤を練習する際は非常に便利なアイテムです。

※ピアノの演奏を想定するのでああればある程度鍵盤数はあった方がよいので61鍵以上のモデルがオススメです。