ピアノ初心者が苦戦する指の動かし方。指を動かせる練習方法とは?

大人からピアノを始める初心者にとって「楽譜の読み方」の次に苦戦するポイントが、「指の動かし方(打鍵の仕方)」です。

特に年齢が高くなればなるほど指の動かし方に苦戦する方が多く、教本を買って練習してもスムーズに指が動かないと悩む方もいらっしゃいます。

しかし、「指の動かし方」には実はコツがあり、それに則った練習を行うことにより、年齢がいくつの人であろうが上達することが可能です。

思うように指が動き、目標の曲を弾けるようになった時の感動は何ものにも代え難いものがあります。

今回はそんなピアノを弾くにあたっての「指の動かし方」に不安のあった方が当サイトでもご紹介している海野真理先生の教材を使用した上で、どのように練習し悩みを克服し、結果どのように変化したかなどを含む体験談をご紹介したいと思います。

men_taiken_1

【60代 男性】 最初は難しく感じた指の動かし方がいつのまにか

全くのピアノの初心者、しかも60代の私。

当然最初は全てが難しく思えましたが、海野先生のレッスンを観て実践していと自然と難解なイメージもなくなり気づいたらいつのまにか理解し、練習にのめり込んでいました。

結果、指の動かし方に対する難解なイメージもなくなり、見事に課題曲も弾けるようになりました。

海野先生のレッスンのキモは、楽譜の読み方だけでなく、指の動かし方の練習が相互に作用している練習法にあると私は思います。

楽譜は、音符や指の番号を書いてくれてるので、それが初心者にとって非常に分かりやすいので、私と同じような悩みを持っている方は実践しみるとよいと思います。おすすめです。

women_taiken_1

【30代 女性】 教室に通うのは無理。でも動画教材の方が私には合っています。

鍵盤で練習ができない時は、洗濯物を畳みながらも海野先生のDVDを繰り返し観て毎日学習しています、笑
子供の時に習いたかったピアノなのでどうにか弾けるようになりたかったんです。
DVDで観て学ぶというスタイルが私には合っているようで、不安だった指の動きも動画で確認でき最高です。子供と一緒にのびのびやってます。もっと練習時間増やして上手くなりたいです♫

women_taiken_1

【60代 女性】 教本で失敗したので今度は動画教材を買おうと思っていました。

以前、教本だけで自宅で独学を始めたのですが、思うようにいかず途中で挫折しました。

そんな中、よいピアノ動画教材があると知り、購入してみました。

初心者にとって難しい指の動かし方。本だと実際にどのように動かすのか分からなかったですが映像で指の動きを確認できるようになり大変満足です。

課題曲はクラシックとポップスを簡単な感じにアレンジしてくれているので非常に勉強しやすいです。本教材で失敗した方は是非動画教材を使ってみてください。

men_taiken_1

【40代 男性】 ドラマーだけど鍵盤も弾きたくて購入。シンプルで分かりやすいよい教材です。音楽の技術は見て聞いて盗むもの。

趣味で友達とバンドを組んでいて普段ドラマーしています。

今後作曲もしたかったので鍵盤を習おうと思っていたけれど、周りにキーボードをやっている友達がおらず教えてもらえる環境にないので評判のいいこのDVDを買いました。

音楽自体が好きなので、難しくても練習は苦ではありません。

ドラムもそうですが、演奏しているその人の動き、手の動きを実際に見て真似をして練習しないと基本的に上手くならないと思っています。

今の所レッスンの進み具合は順調なので、今年中には作曲で使える演奏技術を習得したいです。

♫海野先生のDVD教材を当サイト限定独自特典で更にお得に♫

【大好評の当サイト限定独自特典】

piano_lp_2018

gentei

おかげさまでご好評いただいております。

当サイト経由から第1弾、 第2弾、 第3弾セットをご購入頂くと公式特典だけでなく、もれなく以下の当サイト独自特典が付き大変お得です。

【時代を越えて愛される名曲の譜面とレッスン音声】

G線上のアリア (バッハ)
なごり雪 (イルカ)
手紙 (アンジェラ・アキ)
の無料楽譜。
講師の海野真理先生が丁寧に解説した無料レッスン音声。
ドレミ付きの楽譜がプラスもう1曲。

※第一弾のみのご購入には

・なごり雪 (イルカ)
・手紙 (アンジェラ・アキ)

こちらの特典は付きませんのでご注意下さい。

第1弾〜3弾セット>>>当サイト独自特典付き購入はこちら

第1弾のみ>>>当サイト独自特典付き購入はこちら

教材と合わせて買いたい自宅練習用USBキーボードご紹介

自宅で鍵盤の練習をする際、昔ながら電子キーボードを使うのもよいですが、以下のようなUSBでパソコンやiPadなどのタブレットなどに繋げて鍵盤が弾ける(※ピアノ音源アプリが必要)キーボードを使うのもおすすめです。

軽く、コンパクトで場所をあまり必要としない為自宅で鍵盤を練習する際は非常に便利なアイテムです。

※ピアノの演奏を想定するのでああればある程度鍵盤数はあった方がよいので61鍵以上のモデルがオススメです。