ピアノ始める40代の男女が急増。その理由は?

今、しっかりとした生きがいになるよな夢中になれる趣味を持とうとしている大人が増えています。

特に楽器を趣味にする方は年々増え続けており、楽器店では初心者向けのセミナーやプレゼンテーションが頻繁に行われています。

その中でも男女に一番人気は楽器界の花形「ピアノ」です。

ピアノを40代、50代、60代、70代から始める方が増え続けている理由は一体何でしょうか?

情報が溢れる時代が生む知るチャンス

持っていない人はいないと言ってもいいくらい普及したスマホ。

テレビやラジオなどの大手メディアだけではなく、今では、インターネット上で個人が発する表現や情報を気軽に享受できる時代になりました。

特にYouTubeなどの動画投稿サイトの利用、影響力は非常に高く見識や好奇心を深めるきっかけとなってきています。

YouTube等で個人のピアノの演奏動画を見たことをきっかけに自分でも弾きたいという衝動に駆られ習い始める方も大勢いらっしゃいます。

「大人になってからピアノを習っても弾けるようにならない」といった一元的な意見や古い情報/イメージはインターネットなどの新しいメディアによって払拭され、実際に弾けるようになる(った)事実」を知り理解し、実行に移している方が多くなったというのも理由の一つでしょう。

さて、今回はピアノの演奏に興味を持った40代以降の年齢の大人の方がどう練習し実際に弾けるようになったのか、その体験談、感想をご紹介したいと思います。

women_taiken_1

【40代 女性】 43歳の私でもほんとに弾けた

「大人のピアノ」という記事を雑誌で見て何か自信のつく趣味を持ちたいと海野先生の教材を思い切って購入してみまいた。

全くのピアノ初心者ですが、簡単にアレンジしてくれているとはいえまさか本当に両手で弾けるとは…

一日1時間から2時間ぐらいの練習で歓びの歌は3日ほどで間違えず弾けるようになりました。

ジュピターになるとぐんと難しくなりましたが二週間でかなり上手になったと思います。

子供とも一緒に練習しています。弾きやすいです。

men_taiken_1

【60代 男性】 無類の音楽好きです

60歳を過ぎて時間に少し余裕ができたのと、ボケ防止に為にピアノを始めようと思い近くの書店でピアノの教本を購入するも文字が小さかったり分かりにくいなどが理由で一度挫折しました。

そんな中、娘から海野先生のDVDが良いということを聞き、早速教本を取り寄せ。

指動かし方に苦労する場面もまだありますが着実にピアノが上手くなってきているのが実感できます。

自宅で自分のペースで練習できるので非常に良いです。

women_taiken_1

【40代 女性】 短期間で本当に両手で弾けた!

小さい頃どうしても習いたかったけど習わせてもらえなかったピアノ。

とにかく鍵盤を触るのが好きでよく片手でいろいろ弾いてはいたものの、両手は「猫ふんじゃった」しか限界でした。

いつか両手で弾けるようになりたいと思いつつ、社会人になり仕事が忙しくなるにつれ、半ば諦めてはYouTubeでたまに「◯◯◯をピアノで弾いてみた」という動画を見てはピアノが弾けることに対し羨ましく思う日々を過ごしていました。

そんなある日、海野先生の教材の存在を知り

・楽譜の読み方や指使いをきちんと教えてくれること

・知っている曲で練習できること

・分からないところは納得するまで見直しできること

という点に惹かれ、ほぼ勢いだけで電子ピアノと一緒に注文していました!
2週間程で、第2弾のショパンがなんとなく弾けるようになってきて、自分でも驚愕しています。

やればできるって、本当ですね。もちろん、自分でやり切る努力は必要ですが、努力さえも楽しいと思える教材はそうそうありません。強くお薦めします!!
本当に感謝です。

♫海野先生のDVD教材を当サイト限定独自特典で更にお得に♫

【大好評の当サイト限定独自特典】

piano_lp_2018

gentei

おかげさまでご好評いただいております。

当サイト経由から第1弾、 第2弾、 第3弾セットをご購入頂くと公式特典だけでなく、もれなく以下の当サイト独自特典が付き大変お得です。

【時代を越えて愛される名曲の譜面とレッスン音声】

G線上のアリア (バッハ)
なごり雪 (イルカ)
手紙 (アンジェラ・アキ)
の無料楽譜。
講師の海野真理先生が丁寧に解説した無料レッスン音声。
ドレミ付きの楽譜がプラスもう1曲。

※第一弾のみのご購入には

・なごり雪 (イルカ)
・手紙 (アンジェラ・アキ)

こちらの特典は付きませんのでご注意下さい。

第1弾〜3弾セット>>>当サイト独自特典付き購入はこちら

第1弾のみ>>>当サイト独自特典付き購入はこちら

教材と合わせて買いたい自宅練習用USBキーボードご紹介

自宅で鍵盤の練習をする際、昔ながら電子キーボードを使うのもよいですが、以下のようなUSBでパソコンやiPadなどのタブレットなどに繋げて鍵盤が弾ける(※ピアノ音源アプリが必要)キーボードを使うのもおすすめです。

軽く、コンパクトで場所をあまり必要としない為自宅で鍵盤を練習する際は非常に便利なアイテムです。

※ピアノの演奏を想定するのでああればある程度鍵盤数はあった方がよいので61鍵以上のモデルがオススメです。